ぱあとなあ千葉


ぱあとなあ千葉 ~権利擁護センター~

権利擁護センターぱあとなあ千葉は、社会福祉の援助を必要としている人々の生活と権利を擁護するための諸活動を行っています。なかでも、判断能力が不十分 な方々の生活や権利を守るための活動は重要な使命と考えており、そのために、権利擁護に関する相談事業、成年後見等の受任要請に応える体制づくり、成年後 見制度に関する啓発活動、調査研究活動を行っています。
[お知らせ]
●ぱあとなあ登録員の皆様
千葉家裁本庁の受理面接の予約制実施(平成26年5月12日から)の件
平成26年5月1日千葉家裁本庁より、電話連絡があり、以下5月12日からの変更を伝えられました。
1.受理面接を、5月12日から予約制で実施する。
・申立書類一式が用意できた時点で、電話で面接日を予約する
・予約後、すぐに申立書類一式を千葉家裁本庁に送付する。
2.書記官室が同じ3階フロアーであるが、場所が5月12日から移転する

ぱあとなあ千葉名簿登録規程 規程第22号

●活動報告書 様式ダウンロード

訪問相談記録 Word版

2017年度ぱあとなあ千葉研修予定表 2017年6月29日現在

2017年度弁護士との事例検討会 2017年6月29日現在

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1.権利擁護に関する相談事業
成年後見制度の利用をはじめとした権利擁護に関する質問、問い合わせ等に応えています。
○ 週2回(火および木曜日)の午前10時から午後4時の間、無料で、電話・来訪相談を行っています。
電話番号  043―238-2866
相談の場所 千葉市中央区千葉港7-1 塚本千葉第5ビル3階
千葉県社会福祉士会事務局
○ 来訪できない、コミュニケーションが困難な方には、訪問して面接相談を行っています。
○ 施設や諸団体等からの要望に応じて、出向いて、成年後見制度に関する説明・相談会も行っています。

2.成年後見制度の受任要請等に応える体制作り
身近に適当な成年後見人候補者がいないなど、家庭裁判所や市町村、あるいは当事者本人や関係者からの後見人等候補者推薦要請に応えています。
○ 後見人候補者推薦要請に応えるため、コーディネート機能を充実させています。
○ 家庭裁判所に登録した登録者の活動状況の報告を受け、さらに、内部研修、情報交換等を定期的に行うことで、後見人等の質の向上を図っています。
○ 法人成年後見人として受任できる体制作りを行っています。

3.成年後見制度に関する啓発活動を行っています。
成年後見制度を広く知ってもらうために、また、活用してもらうために、講座の開催や冊子・リーフレットの作成等を行っています。
○ 「福祉関係者のための成年後見制度活用講座」を開催しています。
(10月開催予定。一般の方も受講できます。)
○ 上記講座修了者に対する継続研修を開催しています。(11月開催予定)
○ 成年後見制度について知りたい、後見人として活動に不安があるという方のために、
① 成年後見制度をどのように利用するとよいか? わかりやすい一問一答集
② わかりやすい成年後見実務の手引き 一問一答集
③ 老後の安心のために 任意後見制度を知ろう!活用しよう!!
を作成しております。
 

4.調査研究活動を行う。
○ 法人成年後見人受任にあたっての諸問題を検討し、具体的な体制作りに寄与したいと考えています。


☆ 準登録員としてご登録ください
・ぱあとなあ千葉の活動についてもっと知りたい。
・成年後見業務に関心はあるけれど、あまり知識はない…。
・研修や講習会などに参加したい。
このような方は、ぜひ「準登録員」としてご登録ください!
(千葉県社会福祉士会の会員様が対象となります。)
※準登録員になると・・・
・ ぱあとなあ千葉の活動や成年後見のことがよくわかる「会報」が年4回届きます。
・ 登録員等研修会(年2回開催)に参加できます。
(年会費は1,000円。このほかに義務的活動はありません。)
準登録員 申込用紙

権利擁護センターぱあとなあ千葉運営要綱の一部抜粋第5条
「ぱあとなあ千葉」は、登録員および準登録員をもって構成し、この事業を実施する。2 登録員は、本支部会員であって社団法人日本社会福祉士会権利擁護 センターぱあとなあ(以下、「ぱあとなあ」という。)に登録した者とする。3 準登録員は、本支部会員であって「ぱあとなあ」成年後見人養成研修の受講者 または受講希望者および本支部会員であってこの事業に賛同する者とする。