社会福祉士の皆さまへ

 

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言発令下の対応について

私たち社会福祉士は、地域共生社会の実現を目指して、地域にとっての触媒としての機能を果たしながら「我が事」の地域づくりを進めています。
住民の生活課題の気づきを「丸ごと」受け止め、解決に結び付けていくことで、地域共生社会の実現へ向けて、一歩一歩進めようとしています。

令和元年、千葉県内の多くの自治体が被災地となった時、私たちは人と人を結びつけるために動き、活動しました。
その絆は、復興に向けた一助を担ってきました。

現在、新型コロナウイルス感染症をピークアウトさせるために、外出自粛が要請されています。
ウィルスとの闘いに人と人との接触を7割、8割に抑えることが求められていますから、
外出を自粛した暮らしの中で個々人の生活課題、虐待等の権利侵害が、潜在化する可能性があります。
暮らしぶりが変わってくることで、福祉に求められることが変容する可能性があります。

私たち社会福祉士には、人とのつながりから培い把握してきた情報、想像力、気づく力があります。
今こそ、個々人の生活課題にアンテナをしっかり張り、必用な支援とのつながりが切れないように維持していきましょう。
それぞれの暮らしとお付き合いをしながら、守っていきましょう。

相談が激増している仲間もいると思います。
外部との関りを遮断して不安な思いのある仲間もいると思います。
皆でこの局面を乗り越えましょう。
それぞれの立場で不安なことや心配なことがあれば社会福祉士会にご相談ください。
社会福祉士の仲間で一緒に支え合いましょう。

                                                              一般社団法人千葉県社会福祉士会
                 〒260-0026 千葉市中央区千葉港7-1 塚本千葉第五ビル3F
TEL 043-238-2866 FAX 043-238-2867
メール:office@cswchiba.com

2020年4月13日
一般社団法人千葉県社会福祉士会
会長 澁澤 茂

 

一般社団法人千葉県社会福祉士会の想い

地域共生社会の実現に向けた方向性は、20世紀末に示された「社会福祉基礎構造改革」以来、戦後2度目の社会保障制度の大きな転換期です。福祉サービスを拡充することだけでは保てなくなった社会を「共助」に重点をおいて再構築しようとするものです。縦割りの福祉が分野統合され、福祉と他分野の垣根が見えなくなっていき、さらには地域の中に混在化されていく。そんな方向性が描かれています。

その中で、人間の福利の増進を目指して、社会の変革を進めるソーシャルワーカーの役割は重要です。当事者が抱える課題について適切な社会資源とつなげること、あるいはそれを創造して社会の中に配置していくことが求められるからです。

千葉県社会福祉士会は発足以来、日常生活や介護のことなど、生活の困りごとが起きたときに「福祉の道案内役」として県民の皆様に役立ててもらえるよう、日々活動しています。

社会福祉士はソーシャルワークの定義に沿った活動が出来ているのか研鑽します。それを皆で共有する機会を持ちたいと思います。司法や医療、教育等の他分野との協働をさらに進め、会員内外の方の想いを組み入れた活動が出来るように努めます。

 

被災地支援活動協力員の募集

災害対策委員会では「被災地支援活動協力員」の募集を行っています。
大規模災害が発生した場合に速やかに対応するためにも、協力員名簿作成が必要です。ご協力ください。

お申込はこちらから→千葉県社会福祉士会『被災地支援活動協力員名簿』登録申込書

被災地支援のページに詳しい情報を掲載しておりますので、ご覧ください。

 

一般社団法人千葉県社会福祉士会へようこそ!

千葉県社会福祉士会は、日常生活や介護のことなど、生活の困りごとが起きたときに「福祉の道案内役」として県民の皆様に役立ててもらえるよう、日々活動しています。

広報誌「点と線」をメールで受け取りませんか?

 

 

各種研修受講のみなさまへ 課題提出用フォーマットのお知らせ

各種研修 課題提出用フォーマット