一般社団法人千葉県社会福祉士会の想い

地域共生社会の実現に向けた方向性は、20世紀末に示された「社会福祉基礎構造改革」以来、戦後2度目の社会保障制度の大きな転換期です。福祉サービスを拡充することだけでは保てなくなった社会を「共助」に重点をおいて再構築しようとするものです。縦割りの福祉が分野統合され、福祉と他分野の垣根が見えなくなっていき、さらには地域の中に混在化されていく。そんな方向性が描かれています。

その中で、人間の福利の増進を目指して、社会の変革を進めるソーシャルワーカーの役割は重要です。当事者が抱える課題について適切な社会資源とつなげること、あるいはそれを創造して社会の中に配置していくことが求められるからです。

千葉県社会福祉士会は発足以来、日常生活や介護のことなど、生活の困りごとが起きたときに「福祉の道案内役」として県民の皆様に役立ててもらえるよう、日々活動しています。

社会福祉士はソーシャルワークの定義に沿った活動が出来ているのか研鑽します。それを皆で共有する機会を持ちたいと思います。司法や医療、教育等の他分野との協働をさらに進め、会員内外の方の想いを組み入れた活動が出来るように努めます。

 

一般社団法人千葉県社会福祉士会 役員選挙及び代議員選挙 再公示文

正会員の皆様へ『再公示のお知らせ』

一般社団法人千葉県社会福祉士会(以下、本会)の役員改選に向け、会員理事候補者を公募および選挙により選出しますので公示します。2021年10月30日に選挙公示し立候補を受け付けましたが定数に達しなかったため、一般社団法人千葉県社会福祉士会役員選出細則第17条の規定により再受付を公示します。また、一般社団法人千葉県社会福祉士会(以下、本会)は、平成24年度の総会から代議員制度を導入し、千葉県を14地区に区分の上、本会代議員候補者を公募し、選挙により選出しております。本会代議員とは、本会総会において一般社団法人の社員としての表決権を行使する者をいいます。2022年の役員改選に併せ、代議員を改選するため2021年10月30日に選挙公示し立候補を受け付けましたが定数に達しなかったため、一般社団法人千葉県社会福祉士会代議員選任規程第11条の規定により再受付を公示します。

【任期】2022年定時総会終了時から2024年度定時総会まで
【立候補の受付】
受付期間:2022年1月7日(金)から2022年1月27日(木)
※郵送によることとし、締切日当日の消印を有効とする
詳しくは下記「一般社団法人千葉県社会福祉士会 役員選挙及び代議員選挙 再公示文」クリックしてご参照ください。

一般社団法人千葉県社会福祉士会 役員選挙及び代議員選挙 再公示文

広報誌「点と線」をメールで受け取りませんか?

会員の皆様へ、下記からお申込みください。

広報誌「点と線」をメールで受け取りませんか?

 

各種研修受講のみなさまへ 課題提出用フォーマットのお知らせ

各種研修 課題提出用フォーマット